裾花ダム

2018/03/10

3/31、長野県長野市、裾花ダムに行ってきました。
2回目。(→前回)


f:id:kazu_ma634:20170502003441j:image:w400
f:id:kazu_ma634:20170502004824j:image:w400
まずは遠くから堤体を見る。


f:id:kazu_ma634:20170502004825j:image:w400
天端*1見学するには管理所の方にお願いする必要があるようだ。
管理所の方に声をかけて、見学させていただくことにした。


f:id:kazu_ma634:20170502004826j:image:w400
天端。


f:id:kazu_ma634:20170502004827j:image:w400
f:id:kazu_ma634:20170502004828j:image:h400
天端から見る堤体。


f:id:kazu_ma634:20170502004829j:image:h400
天端からの景色。


f:id:kazu_ma634:20170502004830j:image:w400
副ダム*2。


f:id:kazu_ma634:20170502004831j:image:w400
ゲート。


f:id:kazu_ma634:20170502004832j:image:w400
ダム湖。


f:id:kazu_ma634:20170502004833j:image:w400
f:id:kazu_ma634:20170502004834j:image:w400
左に見えるのは取水塔。
ここから取られた水は裾花発電所に送られ発電用に使われる。
さらに使われた水は下流の湯の瀬ダムに送られる。
そのため、湯の瀬ダムは逆調整池*3としての役割がある。

*1:ダムの一番上の部分

*2:ダムから水が落下すると勢いが強すぎて地形が削れてしまうので、勢いを減らすためにダム下流側に低いダムを形成する

*3:発電量に応じて水力発電所からの放流量が変わるため河川の水位が変動しやすい、そのため一旦水を溜めて放流量を別のダムで調整する