言えないよ

2017/12/17

DAM★ともが始まったのが2008年12月で、ぼくはその時から続けているので今9年目になります。ユーザーさん同士で歌を聴き合うだけの交流なんですけど、何となく歌っているユーザーさんの思いもわかってしまう感じがします。別にぼくに予知能力があるわけではなくて、歌は何かを訴えたい欲求から声を出すものなので、ユーザーさんの選曲にも、ユーザーさんの気持ちが背景にあると思うのです。

ぼくがkinki kidsの作品を歌って公開していた頃、同じようにkinki kidsの作品を公開していたユーザーさんと、いつのまにかお互いに聴き合うようになりました。ぼくよりも歌の上手いユーザーさんで、繊細な声質もいいなあと思いました。時にはぼくから押しかけコラボをやったりしましたが、嫌がらずにぼくの歌も聴き続けてくれました。そんな彼が、体調が悪かったようで、この数年は公開曲もなくて、交流も途絶えていました。ところが最近、彼が久しぶりに新曲を公開してくれました。相変わらず高音は出てますけど、時折息苦しそうな感じもしました。ぼくより若い方ですけど、無理しないで、気楽に歌を続けて欲しいと思います。

その彼が公開した1曲が、郷ひろみさんの「言えないよ」です。この作品は1994年5月1日に郷さんの66枚目のシングルとして発売されました。作詞は康珍化さん、作曲は都志見隆さんです。この当時の郷さんはバラード曲に力を入れていて、1993年に「僕がどんなに君を好きか、君は知らない」(ビーイング全盛期を思わせる長い曲名です。)、1994年に「言えないよ」、1995年に「逢いたくてしかたない」を発表しました。後に郷ひろみの「バラード3部作」と言われた作品です。「言えないよ」はカラオケでも浸透している曲です。当時のオリコンでは最高27位でしたが、オリコンチャート内には39週も登場し、演歌のロングセラーのようにじわじわと売れて、ヒット曲になりました。1994年の日本有線大賞・有線音楽優秀賞を受賞し、同年の紅白歌合戦でも歌唱されました。郷さんは長年のボイストレーニングの効果で、伸びやかな声量の持ち主になりました。ただご本人も言われていましたが、「いろいろな声は出せるけれど、僕は「郷ひろみ」なので、僕らしく歌いたい」と話されていたのが印象に残りました。大衆が求める「郷ひろみ」のイメージを続けていくというのが郷さんの哲学なんですね。現在も若々しい体型を維持されているのもその1つなんだなと思いました。


郷ひろみ 言えないよ