食事に誘われた。

しかも男から。

幸せになる壺でも売られるのだろうか。

素直に受け止められない自分が悲しい。

 

相手は最近、仕事で知り合った。

年上のバツイチで、物腰がやわらかく話しやすい。

でも、いい人では済まされない、何か裏があると感じるタイプ。

好きか嫌いかでいえば好きだけど、likeであってloveではない。

 

相手が自分のことをどう思っているか。

それはわからないが、嫌われてはないと思う。

ギャルの名前はあやふやでも、私の名前は覚えてるし。

あまりにも理不尽な姿をみて、同情から食事に誘ってくれたのかもしれない。

 

こうした経験が少なすぎて、理由はともあれドキドキしてしまった。

男友達と食事に行くことは普通にあるけど、全然ドキドキしないのに。

彼とどうこうなりたいわけではないし、はじめはおごってもらえるならラッキー!としか思わなかった。

でも、なんでいきなり誘われたのか考えたら、なぜだかドキドキしてしまった。

 

残念ながら都合が合わなかったけど、また誘ってくれるらしい。

今度とお化けは出てこないというし、期待しないでおこう。

といいつつ、告白されるなどの進展があったらどうする?なんて、いらぬ心配をしてしまうのであった。

妄想力なら負けないぞ!

 

でも、付き合うとか全然妄想できなかった。

二人で一緒にいる姿がイメージできない。 

好きな芸能人なら理想通りに妄想しまくれるので、経験不足が理由ではなさそう。

誘われるということにドキドキしているだけで、あまり興味がないのかも。

しかし、もしそういうことになれば、断るのはもったいないよねーと上から目線になる。

喪女のくせに生意気だが、妄想は自由だ!

 

やなことばかりの世の中だけど、たまにはこうした潤いがあるもんだね。

これからどう転ぶか。。。

何もない、もしくはよくて飲み友達になるに3000点。